検索
  • K.I

【 スピリチュアリズム、キリスト教に思うこと 】

1.神観について  スピリチュアリズムとキリスト教の両方が、唯一の神を信奉しています。しかし、両者の大きな違いがあります。スピリチュアリズムにおいては、神は「摂理」や「法則性」であるのに対し、キリスト教では、神は人格をもった「人格神」、「父なる神」と言われています。  スピリチュアリズムとキリスト教における神観の同質面は、神は、創造主であり、全てに偏在し、「愛と厳格性」を有しているところです。「愛と厳格性」というと、人格神のようでキリスト教的な表現ですが、これをスピリチュアリズム的に表現すると、「摂理」という厳格な法則性の中で、全てを良き方向に導いている「愛」が息づいている、ということです。 2.聖書とスピリチュアリズム  (1)善悪の知識を知る木  創世記に登場するアダムとエバの話ですが、人間は、神から霊的息吹を与えられた霊的な存在でした。しかし、神に禁止されていた、「善悪の知識を知る木の実」をヘビにそそのかされて食べてしまったが故に、原罪を持ってしまい、理想郷である「エデンの園」から追放されました。 「善悪の知識を知る木の実」とは、人間的な肉的な価値観で物事を見るということです。人間は霊的なものを有する存在であるので、本来は、「霊」の観点から物事を判断すべきなのです。スピリチュアリズムでいう「霊主肉従」が人間の本来の姿なのですが、「善悪の知識を知る木の実」を食べたが故に、「肉主霊従」に陥り、この時から様々な不幸が始まったのでした。  かくして、ここから旧約聖書と新約聖書の長い壮大な旅路が始まり、新約聖書の最後の「ヨハネの黙示録」で新天新地の理想世界「エデンの園」が復興して、聖書は完結するのです。 ​ (2)聖書はイエスをメシアとする証(アカシ)の書  旧約聖書は紀元前の書であることから、当然イエスは登場してきませんが、メシアとしてのイエスの到来が預言されています。メシアとしてのイエスですが、聖書では、「世の人の罪を背負い十字架にかかり、世の人々の罪を贖った」メシアとされています。キリスト教以外の多くの人は、イエスが十字架にかかったことで、私たちの罪が贖われたことに疑問を持つことでしょう。そこで、キリスト教では次のような教義を打ち立てたのです。  アダムとイブが、神から禁止されていた「善悪を知る知識の木の実」をヘビという悪魔にそそのかされて食べて、世の中に悪が入り込みました。世の人々が悪に毒された中でも、神の一人子であるイエスは、神の義と愛を実践し、悪に妥協することなく死んでいった。神の一人子であるイエスが死ぬことで、父なる神の義と愛を復権した、ということです。  そこで登場するのが、三位一体説です。三位一体とは、「父なる神、子なる神イエス、聖霊なる神」が一人の神の表現であるという難解な教義ですが、聖書にはこの三位一体という文言は記されていません。三位一体は後の西暦300年代の公会議で決められた教義です。  「神の子であるイエス」、すなわち神自身が、人類の罪を贖ったということです。       3.キリスト教におけるイエスのメシア観とスピリチュアリズムにおけるイエスのメシア観  キリスト教では、イエスは100%人間であり、100%神であるという、難解な教義があります。スピリチュアリズムでは、イエスは人間で、高い霊性をもった霊的指導者です。  キリスト教では、神であるイエスが、悪にそまった人間の悪を背負い、十字架で贖ったメシアであり人類の救世主とされています。  一方、スピリチュアリズムでは、高級霊界にいるイエスが、高級霊達のリーダーとなり、地球全体の救済計画を立て実行に移しているという、メシアなる救世主です。  いずれにしても、地球や人類を救う救世主なるメシアであるのですが、そのメシア観においては両者には異なるものがあります。      3.終末観について  聖書には、世界の破滅が預言されています。自然災害、疫病、戦争、世の中の混乱等々により世界は破滅するということです。 しかし、これらの災いは過去や現在を通じて起きた不幸な出来事であり、聖書の預言を待つまでもなく、未来においても、当然これらの不幸な出来事が起きる可能性は十分に考えられます。否、人類が現在の意識や生活態様を改めない限り、これらの不幸な出来事は必ず起きます。  聖書では、イエスが再臨することで、これらの不幸な出来事に終止符をうち、最終的に新天新地という新しいエデンの園が成就するとされています。この事からもイエスはメシアとされています。  スピリチュアリズムでは、高級霊達のリーダーとなったイエスが、地球の救済計画を作り、実行にうつしています。シルバーバーチの霊訓は、地球救済のための高級霊界からのメッセージとういことができます。従いまして、スピリチュアリズムにおいても、イエスはメシアということができましょう。 4.長い歴史を通じて顕現された「神」  旧約聖書は今から約3,500年前、新約聖書は約2,000年前に編纂された書物で、神とイエスを証しした書物です。しかし、それ以前にも多神教としての神話が周辺の国々には存在していました。古代世界では、これらを通じて神の存在が証しされてきたのですが、当時の時代背景や文明、人類の進化等々を考えた場合、今日のスピリチュアリズムで言う「神の摂理や法則性」といった神の概念を持つまでには至りませんでした。 古代人の神観というのは、当時の人々がより良く生きるたに、人々の人間的感性から表現されました。 2,000年までのイエスの新約時代においても、「愛の神」「義なる神」といった感性的概念で表現され、「神の摂理や法則性」といった理性的概念で示されることはありませんでした。  長い時代の中で、当時の時代背景や文明・文化、人類の進化の程度のより、 様々に表現された神ですが、各時代を通じて神の同一の神性は貫かれています。そして、未来においても、現在とは異なる神の概念が生まれ出てくるかもしれません。しかし、神の神性自体が変わることではなく、未来の人類がどのように神の神性を表現するかに関わってきます。より進化した人類による神の概念がいかなるものなのか、興味がわくと同時に、地球上の生きとし生けるものが、平安と幸福の中で過ごしていることを願いたいと思います。

(K.I)



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示