検索
  • K2

自由意志と選択

 人間には、神から自由意志を与えられています。それぞれの人間には選択の自由があります。利己主義的な生き方を選択し、この世を物欲・情欲・権勢欲のままに生きることもできますし、福祉活動を志し、愛と奉仕の精神を持って生きることもできます。

 利己主義的な生き方をした場合には、その結果として、他者との対立、混乱、国家の場合には戦争にもなります。愛と奉仕の生き方をしたならば、お互いにむつみあい、友好的な関係の中で、平和な日々の生活を送ることになります。


 日々のニュースを見た時に、21世紀のこの時代にあっても、戦争の惨状があります。

我が子を失った母親の嘆き、住まいを破壊され、住む場もない中、薄暗い地下で凍えながら

戦火を逃れる姿を目にするとき、心に痛みを感じる方も多くいらっしゃるかと思います。


 どうしてこんなことになるのか? ありえない! とこの世の不条理を感じざる負えません。同じ人間同士がなぜ殺し合わなくてはならないのでしょうか? 争い・対立はそこに物的な欲望による選択があるからではないでしょうか。


 人間は本来、霊的な存在であり、霊性において同じ兄弟としての存在です。そのことをより多くの人が知ることによって、愛と奉仕の行いを選択する人がより多くなることによって、はじめてこの地上世界が真に平和な世界へと変わるのではないでしょうか。




閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示